協賛企業名鑑

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

●みんな大好き! ポテトチップス●おやつで食べるならどれくらい?

おやつは、みんなが1日に必要なカロリーの10分の1くらいがちょうどいいんだけど、ポテトチップス一袋(85グラム)は約500キロカロリー。小学校3、4年生男子が1日に必要なカロリー(2000キロカロリー)の4分の1になってしまう。とってもおいしいポテトチップスだけど、20〜30グラムが1日のおやつの分量だ。食べすぎないように気をつけようね!

ポテトチップスのできるまで

ポテトチップスは、厳選された素材をいくつもの工程を経て調理され出荷しています。でも、作り方は案外かんたんです。作り方をみて、自分のおうちでもできる方法を探してみよう! 

原料のジャガイモは日本全国から

時期によって使うジャガイモの産地は変わるんだよ。5月の鹿児島から始まって、産地は北へと移動して8月には北海道産に。ポテトチップスになるジャガイモは北海道産がいちばん多くて80%以上にもなるんだって。収かくしたジャガイモは温度と湿度を一定に保つことのできる、定温貯ぞう庫でひと休み。ジャガイモはここで眠った状態になるので、いつでも『とれたて』のおイモをポテトチップスにできるんだ。

1.まずはキレイになってから

定温貯ぞう庫から工場へ運ばれたジャガイモを水で洗い、皮をむきます。皮をむく工ていを「ピール」と呼ぶんだよ。

2.芽に注意して、トリミング

ジャガイモの芽や、ぶつかるなどしていたんだ所を取りのぞきます。ジャガイモの芽の部分には中毒を起こすせい分があるんだって。

3.ジャガイモの厚さが歯ごたえを決める

ジャガイモをスライス(うすく切ること)して、水でゴミや切り口のでんぷんを洗いながします。でんぷんがついていると色が悪くなるんだ。

4.カリっとフライ!

植物油を使ってスライスしたジャガイモをカリっとあげます。 あげる温度と時間はメーカーがれぞれ工夫するところ。

5.おこげはダメよ、ピッキング

こげたチップスを取りのぞいて、きれいなキツネ色のチップスだけを製品にします。

6.熱いうちに味付けを

製品によって、さまざまなシーズニング(ブレンドした調味料やスパイス)をふりかけます。 熱々のあげたてのときじゃないと、うまく味がつかないんだ。

7.計量・袋づめ

袋に入る分量をはかったら、自動ほうそう機で袋に入れて、ポテトチップスのできあがり!! 一袋の重さは、メーカーによっていろいろちがうので、調べてみるとおもしろいよ。

付録・ポテトチップスが生まれたのは

1853年にアメリカのあるレストランで、お客に「お前の作ったフライドポテトは厚すぎる!!」と文句を言われて怒ったシェフが、うすーいポテトを作って困らせてやれ、と出したのがポテトチップス。ところが、困るどころか、お客は大喜び。ポテトチップスはアメリカ全土へ、世界中へ広がっていったんだ。

 
お菓子の豆知識: ポテトチップス  
執筆者: admin_master
発行日付: 2007/12/12
閲覧数: 3792
サイズは 3.43 KB
印刷用ページ
pagetop
Copyright(C)Metropolitan Okashi Wholesalers.